黒木瞳

黒木 瞳田代千草

壮介の妻。美容師として働きながら家庭を支え、毎日愚痴ばかりこぼす夫に呆れつつも、その様子を気遣っていたのだが・・・。


コメント

懐の深い舘さんとの撮影は楽しくたおやかで、そこにはチャーミングなコミュニケーションで現場を仕切る中田監督がいて、素晴らしい“夫婦”と“仕事”の時間を過ごすことができました。内館さんの素晴らしい原作に肉薄する素敵な映画が完成したことをとても嬉しく思っています。『終わった人』は私にとってとても愛おしい作品になりました。中田組の作品が私は大好きです。


プロフィール

10月5日生まれ。福岡県出身。宝塚歌劇団月組のトップ娘役を務め、退団後、86年に東映映画『化身』で映画初主演。テレビ版「義務と演技」(96/TBS)、「愛しすぎなくてよかった」(98/EX)で内館とタッグを組んでおり、今作は19年ぶり3作目。また、中田監督とは『仄暗い水の底から』(02)、『怪談』(07)に続く3作目のタッグ。近年は、水曜ドラマ「過保護のカホコ」(17/NTV)や舞台「京の螢火」明治座座長公演(17)のほか、映画『フェリシーと夢のトゥーシューズ』(17)ではアニメ声優を務め、その活躍ぶりは留まることを知らない。