舘ひろし

舘 ひろし田代壮介

東大卒で大手銀行に入行するも、出世コースから外れ出向先の子会社で定年を迎える。仕事一筋だった為、あり余る時間を持て余し途方に暮れてしまう。


コメント

『終わった人』。タイトルを聞いたときは仕事を断ろうと思いました(笑)。ただ、台本を読むうちに一見ネガティブな印象を受けるこのタイトルが、実は逆説的に“終われない人”を描いていることが分かり、演じてみたいと思い直しました。戸惑い、足掻き、ともすればポジティブな主人公を演じましたが、これまで30年間演じ続けた刑事とは違い、父として、夫として、また一人の男として、誰しも共感できるような部分がどこかにあると思います。身につまされながら(笑)、我が身に置き換えて鑑賞いただけると、楽しみも倍増する気がします。この作品では“定年”を一つの節目と捉えていますが、“人生への再挑戦”はいつでも出来ることだと気付きました。慣れないコメディ仕立てで撮影中は不安もありましたが、完成した映画を観て、私自身も新たな舘ひろしに出逢えた気がしました。中田監督をはじめ、妻役の黒木瞳さんなど素晴らしいキャストやスタッフの方々に囲まれ、笑いある温かい映画になっていると自負しております。


プロフィール

1950年3月31日生まれ。愛知県出身。76年に東映映画『暴力教室』で俳優デビュー。その後、82年に出演したドラマ「西部警察」(79〜/EX)をきっかけに83年に石原プロモーションに入社。近年は、神田正輝とW主演の「クロスロード」(16/ NHK BSプレミアム)、「マチ工場のオンナ」(17/NHKドラマ10)に出演。内館とのタッグは、映画『義務と演技』(97)から20年ぶり2作目。黒木とは「刑事貴族」(90/NTV)、「新宿鮫 屍蘭」(96/NHK)、に続き4作目、約20年ぶりの共演。また、中田監督とは初顔合わせ。『さらば あぶない刑事』(16)以来の映画主演である。