映画『終わった人』

スタッフ紹介

  • 中田秀夫

    監督

    中田秀夫

    「終わった人」の衣裳打ち合わせで、舘さんに「映画の始まりでは、思いっきりカッコ悪くなって欲しい」とお願いし、「アバウト・シュミット」のDVDをお渡しし、体型を崩して見せる相談をした。舘さんはすぐにピンと来てくださり、「面白い。やってみましょう。でも、ニコルソンの芝居は真似できないよ(笑)」瞬時に、私は舘さんの人間力に惹かれた。現場中も、「ドタバタ=ズッコケ感」、広末さんとの「ロマンチック・コメディ感」をどう創り出していくか、細かく話し合った。私としては、正面切ったコメディ場面は初めてなので、実はかなり緊張していたが、舘さんが持ち前のコメディ・センスと運動神経で演じてくださり、広末さんも絶妙なアイディアをくださった。監督冥利に尽きると思った。一方で、「終わった人」の物語の重心は、キャリアを終えた主人公が、まだ仕事をしたい、ともがき、黒木さんとの夫婦関係を見つめ直し、故郷への想いも深い「定年後の意外や、波乱万丈ライフ」を描く点にある。このドラマ部分は、舘さん、黒木さんたちとの綿密なリハーサルを経て、コメディとドラマが有機的に織り合わされるよう努め、私も含めた中、壮年世代層を見据えて「笑って泣いて、最後はほっこり温まってもらう」映画を目指した。

    プロフィール

    1961年7月19日生まれ、岡山県出身。「本当にあった怖い話」(92/EX)で監督デビュー。『女優霊』(96)、『リング』(98)、『仄暗い水の底から』(02)と、日本映画界にホラー旋風を巻き起こし『ザ・リング2』(05)ではハリウッドデビューも果たす。
    近年では『ホワイトリリー』(16)で28年ぶりにロマンポルノに携わり、「屋根裏の恋人」(17/CX)でも監督を務めている。舘とは今回初タッグであり、黒木とは『仄暗い水の底から』(02)、『怪談』(07)に続く3作品目となる。ホラー専門の監督と思われがちだが、本作を「本当に撮りたかった作品」と語り、自ら原作に惚れ込んで企画した。

  • 内館牧子

    原作

    内館牧子

    内館牧子 「終わった人」
    (講談社文庫)

    原作の「終わった人」が出版されるや、全国から「モデルは自分ではないか」という反響が引きも切らなかった。定年してやることのない悲哀は、それほど万人に共通するものなのだ。本篇では、あのダンディな舘ひろしさんのフツーのオヤジっぷりも、そんな夫に毎日家にいられる妻、黒木瞳さんのうんざりぶりも見ものである。誰もがさらに「モデルは自分だ!」と確信するに違いない。中田秀夫監督のコミカルな人間描写が、「終わった人」の哀愁をより深くしている。

    プロフィール

    1948年9月10日生まれ、秋田県出身。会社員を経て、88年脚本家デビュー。女性ならではの鋭い目線で作品を手掛ける。連続テレビ小説「ひらり」(92/NHK)、大河ドラマ「毛利元就」(97/NHK)などの脚本のほか、95年に日本作詩大賞を受賞。著書は70冊を超え、幅広い分野で活躍している。武蔵野美術大学客員教授、ノースアジア大学客員教授、東北大学相撲部総監督を務めており、その活動は執筆に留まらない。舘とは、映画『義務と演技』(97)から20年ぶり2作目であり、黒木とはテレビ版「義務と演技」(96/TBS)、「愛しすぎなくてよかった」(98/EX)以来、19年ぶり3作目となる。

  • 脚本

    根本ノンジ

    プロフィール

    1969年生まれ、千葉県出身。構成作家、脚本家として数多くの作品を手掛ける。主な作品として、「夢をかなえるゾウ」(08/NTV)、「弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」(14/NTV)、「5→9 ~私が愛したお坊さん~」(15/CX)、「初恋芸人」(16/NHK BSプレミアム)、「侠飯~おとこめし~」(16/TX)、「孤食ロボット」(17/NTV)「銀と金」(17/TX)、「フリンジマン」(17/TX)などがある。

  • 撮影

    斉藤幸一

    プロフィール

    1956年生まれ、北海道出身。主な作品として、『黒い下着の女 雷魚』(97/瀬々敬久監督)、『問題のない私たち』(04/森岡利行監督)、『Life 天国で君に逢えたら』(07/新城毅彦監督)、『余命1ヶ月の花嫁』(09/廣木隆一監督)、『ヘヴンズストーリー』(10/瀬々敬久監督)、などがある。『64‐ロクヨン‐前編』(16/瀬々敬久監督)では、第40回日本アカデミー賞・優秀撮影賞を受賞。

  • 照明

    豊見山明長

    プロフィール

    1957生まれ年、沖縄県出身。80年に照明の世界へ。『あさってDANCE』(91/磯村一路監督)で一本立ち。主な作品として、『エロティックな関係』(92/若松孝二監督)、『アンドロメディア』(98/三池崇史監督)、『カリスマ』(00/黒沢清監督)、『仄暗い水の底から』(02/中田秀夫監督)、『解夏』(04/磯村一路監督)、『64‐ロクヨン‐前編/後編』(16/瀬々敬久監督)などがある。

  • 録音

    室薗剛

    プロフィール

    1973年生まれ、宮崎県出身。98年東映入社。録音技師として多くの作品を担当。『探偵はBARにいる』(11/橋本一監督)で、第35回日本アカデミー賞録音賞を受賞。主な作品に、『はやぶさ 遥かなる帰還』(12/瀧本智行監督)、『さらば あぶない刑事』(16/村川透監督)、『ラブ×ドック』(18 /鈴木おさむ監督)などがある。17年公開『バイオハザード・ヴェンデッタ』では、Dolby Atmosのミキサーを担当。

  • 美術

    三ツ松けいこ

    プロフィール

    1972年生まれ、千葉県出身。日活芸術学院・美術科デザインコース卒。『海街diary』(15/是枝裕和監督)で、第39回日本アカデミー賞・優秀美術賞を受賞。主な作品に、『血と骨』(04/崔洋一監督)、『ゆれる』(06/西川美和監督)、『そして父になる』(13/是枝裕和監督)、『湯を沸かすほどの熱い愛』(16/中野量太監督)などがある。