イントロダクション

「定年って生前葬だな…」

衝撃的な書き出しで始まる内館牧子のベストセラー小説
「終わった人」がついに映画化!

大河ドラマ「毛利元就」や、NHK連続テレビ小説「ひらり」など、数々の脚本を手がけ、ヒット作を世に送り出してきた内館牧子が、定年したエリートの悲哀を綴り大きな反響を呼んだ「終わった人」。

主演には、定年を迎え世間から“終わった人”と思われるようになった主人公・田代壮介役に舘ひろし。かつての輝きを失った夫と向き合えない美容師の妻・千草役を黒木瞳が演じる。

そして、メガホンを取るのは『リング』や『仄暗い水の底から』など、数々のホラー作品で観客を震え上がらせ、ハリウッドで『ザ・リング2』を監督して世界を席巻した中田秀夫。今回初めて、笑えて、そして泣ける人間喜劇に挑戦する。原作に惚れ込み、「本当に撮りたかった作品」と力強く語る中田監督自らが映画化権取得に動いた本作には、並々ならぬ熱量と想いが込められている。

定年という生前葬を迎え、毎日が大型連休になった主人公が「もっと仕事がしたい」「このままでは終われない!」という想いを抱え、第二のキャリアを築くために、戸惑い、足掻き、奮闘する中で、出会う様々な人々とのつながりや、一筋縄ではいかない夫妻の在り方がリアルに表現されていく。ベストセラーとなった内館牧子の「終わった人」が、中田監督によってどう映像化されるのか?

味わい深い人間ドラマであり、ハートフルかつ大人の上質なコメディをご堪能ください。

Category: sp

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top